【WF限定】[超像可動]「パンナコッタ・フーゴ セカンド」レビュー

今回はワンフェス2020(冬)及びオンラインショップで抽選販売されていた、超像可動の「パンナコッタ・フーゴ セカンド」をレビューしていきます。

こちらは「セカンド」バージョンで2013年に発売されたファーストバージョンにリペイントとセリフプレートが追加されたものです。

発売日   2020年2月11日

レビュー日 2020年2月14日

定価    7000円

メーカー  メディコス・エンタテインメント

販売方法  WF先着及びオンライン抽選販売

パッケージ

正面。左上に「WF完全限定生産版」と書かれている通り、こちらは合計1800個の限定販売です。大きさ、幅等は従来と同じで一番スタンダードな物です。

裏面。イラストや付属品やキャラクター説明が載っています。

サイド。イラストが載っています。またローマ字の名前は箔押し印刷が施されています。

ブリスター。

下段にはお馴染みの台座、説明書に加え「台詞プレート」と「イルーゾォの鏡」が入っています。

全身

モチーフは49巻の表紙やアニメの基本カラーですが、さらにメタリック塗装が施されています。

通常顔。シャープな輪郭などカッコいい仕上がりになってます。どこから見ても違和感の無い造形で素晴らしい出来です。

叫び顔。口内もきちんと造形されています。

瞳の塗装も素晴らしいです。特徴的な髪型も上手く再現度されています。

前面。ネクタイの配色はアニメに忠実です。所々の肌が露出している部分ですが、ファーストと比べると縁の部分に少し塗装のはみ出しがある気がします。

背中。なびいている造形がいい感じです。

腰。ベルトも細かく造形されています。

靴はアニメではブルーでしたが、こちらはグリーンになっています。

付属品

交換用手首。計5個ついています。

小物。ナランチャとのフォーク、イルーゾォ戦の時計、ミスタに使ったホッチキスです。

腕時計。挟む事で固定することが出来ます。数字の部分はプリントで再現されています。

フォーク。細かく造形されています。破損注意です

ホッチキス。きちんと持たす事が出来ます。

 サイズ感もいい感じです。

 イルーゾォ戦の鏡。

裏面。台座用の穴が空いています。

各部。

セリフプレート。立体的に造形されています。裏面にはアームをさす用の穴が2箇所に空いています。

台座。台座は片方が穴3箇所、もう片方は穴なしです。支柱は通常の物が2本、台詞プレート用が1本です。

空中に固定する事が出来ます。

可動範囲

可も無く不可も無くといった感じです。

ポージング

比較

今回は超像可動 「パンナコッタ・フーゴ(ファースト)」と比較して行きます。

全身。リカラーなだけなので造形は全て同じです。

頭部。造形は同じですが、塗装違うだけでまったくの別物ですね。

ネクタイやパンツの色も違います。

靴。

頭部パーツを付け替えてみました。肌色が全く違うので結構違和感があります。

左がセカンド、右がファーストです。セカンドが濃い紺色に対してファーストは真っ黒です。

左がセカンドで右がファーストです。額縁はセカンドの方はゴールドが使われていて。高級な感じです。鏡はファーストはメッキ塗装でセカンドはただのシルバーです。

感想

良かった点

・アニメの基本カラー

・付属品が豊富

・台詞プレートが付属

気になった点

特に無し

一番出来の良かった頃のセカンドバージョンなので付属品も多く、大満足でした。

唯一不安だった塗装も丁寧に塗られていました。

アニメの基本カラーに加え、台詞プレートも付くのでアニメから入った方はこちらの方がオススメです。

超像可動の5部シリーズは味方勢が充実していて、可動フィギュアの強みである他のキャラと一緒に「飾る、遊ぶ」事が出来るので素晴らしいです。

タイトルとURLをコピーしました