【ビルドフィギュア】[マーベルレジェンド]「オコエ」【レビュー】

今回はマーベルレジェンド ブラックパンサーアソート wave2 からビルドフィギュアのオコエをレビューして行きます。

発売日   不明

レビュー日 2020年4月

定価    不明

メーカー  ハズブロ

販売方法  一般販売・アソート

作品名   ブラックパンサー

本体レビューを見たい方は目次の『全身』から本体レビューに飛ぶ事が出来ます。

ビルドフィギュアとは

四角で囲ってある各フィギュアに番号と同じパーツが付属しています。それを全て組み合わせると一番左にあるビルドフィギュアになります。

組み立て

全パーツ。組み立ては簡単ではめ込むだけです。入らない・動かない場合はお湯などに漬ける事でやり易くなります。 腕や頭部は比較的簡単に外れますが、足はボールジョイントなので、組み立てたら簡単には外せません。

アソート振り返り

という事でさっそく、今回のアソートを振り返って行きたいと思います。

今回はMCU(実写)版が3体、アメコミのキャラが3体です。 頭部は「ブラックパンサー」から 左足は「エリック・キルモンガー」から 胴体と武器(槍)は「ナキア」からです。

右足は「BLACK BOLT」から

左手は「SUB-MARINER」からです。

「IRON MAN」にビルドパーツは付属していません。

全身

劇中と見比べると所々造形が違う所がありますが、雰囲気は十分に掴んでいると思います。腕は成形色のゴールドで、肩・首は塗装のゴールドです。

画像をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

デジタルプリントが施されており、非常にクオリティが高いです。

肌の色に合わせて唇なども暗めになっているので、違和感はまったく無く、リアリティーがあります。

ただ無表情なので、もう少し目力を強くして、キリッとした表情だったら最高でした。

また、個体差ですが、プリントが全体的に少し左にずれていました。 頭部の特徴的な模様もきちんと再現されています。 近くで見ると本当に細かく造形されていて、素晴らしいです。塗装も比較的綺麗で、色分けもバッチリです。 質感の違いや服のシワなど見事に再現されています。 脚は成形色のみですが、細かく造形されています。

付属品

長い方は約20cmもあります。 塗装も良好です。 持つ部分は成形色で出来ていて、きちんと凹凸のある造形になっています。

可動範囲

干渉物が全く無いので、よく動きます。 肘はシングルジョイント、膝はダブルジョイントです。胸にボールジョイントで、腰に可動部位はありません。腰のパーツは軟質素材で出来ています。

ポージング

比較

今回は同アソートの「ナキア」と比較して行きます。 同じドーラ・ミラージュの隊服でも、結構違いがあります。 身長は同じくらいです。

ほとんど流用だと思っていたのですが、太ももと首以外は全て新規造形みたいです。

見比べて分かったのですが、劇中ではオコエの腰ベルトにもパンサーの装飾がありました。カッコ良くて目立つので、そこは流用でも良いのでつけて欲しかったです。 ナキアに付属していた武器を持たせる事も可能です。 最後はナキアと、劇中のクロウに車が破壊された後のワンシーンを再現。

感想

良かった点

・デジタルプリント

・全身の造形

気になった点

・劇中と違う

ビルドフィギュアにしては小さいですが、デジタルプリントの頭部や劇中の雰囲気はバッチリ掴んでいるので、個人的には大満足でした。

ここまで来たら、「ウカビ」や決闘時の「ティチャラ」と「キルモンガー」などもいつか出して欲しいですね。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました