[マーベルレジェンド]「ヴィジョン」【レビュー】

今回はmarvel legends(マーベルレジェンド)エンドゲームアソート ウェブ3から「ヴィジョン(シビル・ウォー)」をレビューして行きます!!

このアソートのビルドフィギュアは「ソー/エンドゲーム」です。

発売日   約2019年9月

レビュー日 2019年12月28日

定価    3299円(トイザらス)

メーカー  ハズブロ

販売方法  一般販売

パッケージ

正面のロゴマークを見て分かる通り、こちらのヴィジョンは『シビル・ウォー』からの立体化になります。

毎回ですが、裏とサイドに載っているイラストがかっこいいですね。

ブリスター。マントやストームブレイカーの一部が裏側に通って収納されています。

全身

劇中の細マッチョな体型が見事に再現されています。ただマントが真っ直ぐ過ぎて違和感があります。

全体的に細かく造形されていて良い感じです。また目にはデジタルプリントが施されています。額のマインドストーンは塗装で再現されているのですが、少しズレてしまっています。

ヘッドパーツと首で色合いが違いました。

クリアパーツの奥に筋肉の様な造形が施されています。また表面の細かな凹凸は造形で再現されています。

付属品

マント。軟質素材で出来ていて、なびいている造形がいい感じです。

はみ出しも無く綺麗に塗装されています。またマントの模様は造形で見事に再現されています。

背中に穴があり、マントの裏に突起があるので固定することが出来ます。

ビルドフィギュア「ソー/エンドゲーム」の胴体です。フードの紐など左右非対称の造形でリアリティがあります。

パーカーは脱がす事が可能です。

ビルドフィギュアのソーのストームブレイカーです。軟質素材で出来ていて造形が素晴らしいです。

塗装は結構テキトーな感じでした。

四角で囲ってある各フィギュアに番号と同じパーツが付属しています。それを全て組み合わせると一番左にあるビルドフィギュアになります。

可動範囲

比較的優秀です。

マーベルレジェンドの肘の二重関節は両方ヒンジをフルに曲げる事が出来ないので、同じ角度になる様に最大限曲げても、片方の曲げて具合によって見た目が異なります。(画像下)

腰で一回転させる事が可能です。

前屈、反りどちらも優秀です。

個体差かも知れませんが、股関節が結構緩かったです。太ももにはロールがあり、一回転が、可能です。

比較的優秀です。

ポージング

感想

個体差で目線がずれていて正面から見ると違和感があるのは少し残念でしたが、可動や造形など総じて素晴らしいと思える出来でした。

こちらのヴィジョンは2度目の発売で透明化したバージョンという事でしたが、クリアパーツを使う事で見事に再現されていると感じました。

またスカーレットウィッチとヴィジョンの2パックセットをまだ持っていないので、入手したらレビューしたいと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました