[S.H.Figuarts]「スカーレット・ウィッチ」【レビュー】

今回はプレバンから届いた、S.H.Figuarts「スカーレット・ウィッチ(インフィニティー・ウォー)」をレビューしていきます!!

発売日   2020年1月24日
レビュー日 2020年1月25日
定価    6600円
購入価格  6600円+送料
メーカー  バンダイ

パッケージ

正面。s.h.figuarts「インフィニティー・ウォー」シリーズ共通のパッケージデザインです。イラストは細く描かれていて、キュートさやかっこよさが上手く再現されています。

裏面。公式の写真が載ってます。

サイド。正面のイラストの続きが載っています。

ブリスター。首の所に色移り防止用のビニールが挟まれていました。

全身

女性らしいプロポーションが上手く再現されていると思いました。

頭部。本当に素晴らしい出来だと思います。デジタル彩色技術によるプリントも素晴らしいですが、造形自体も上手く特徴を捉えていると感じました。

交換用頭部。目線変更だけのいつもの感じですが出来は凄く良いので全然ありだと思います。

髪の毛パーツ。計2個付属しています。付け替えると印象がガラッと変わります。なびいている髪はアクションポーズをつける時に重宝しそうですね。

後ろ髪は2つに分割されています。好みは別れそうですが、個人的にはあまり気にならなかったです。

構造はこんな感じです。可動はしませんが干渉しない様に逃す事が可能です。

前面。造形が素晴らしいです。ペンダントやファスナーなども丁寧に塗装されていました。

背面。服の細かい質感なども造形で再現されています。

ブーツ。細かく造形されておりいい感じです。また光沢があります。

付属品

交換用手首パーツ。指輪などの丁寧に塗装、造形されています。

左の2つは元からついている開き手より指が開いて左右対称に造形されています。
真ん中の2は左右非対称に造形されており、独特な指の形を見事に再現されています。
左の2つは真ん中の物にエフェクトを差し込める用の穴が空いています。

エフェクトパーツ。小さい方は同じ物ではなく、違う造形でした。

エフェクトの突起と開き手パーツの穴は全て互換性があります。

可動範囲

髪の毛が干渉してあまり動きませんが、首元が可動するのでそこまで気になりません。

髪の毛が干渉してあまり動きませんが、首元が可動するのでそこまで気になりません。

根元の回転は造形上、干渉します。また腕は水平まで上がります。
膝でロールする事が可能で180度回転されると可動範囲が変わります。

胸はボールジョイントです。ロールはコートが干渉してあまり動きません。

コートが干渉するので反りは苦手です。前屈は平均的です。

足は90度上がります。また膝はシングルジョイントですが、90度以上曲がります。

開脚。優秀です。

。結構に動きます。

ポージング

感想

良かった点
・ヘッドパーツの出来がめちゃくちゃ良い
・髪の毛パーツが2つ付属
・エフェクトパーツが3つ付属
・手首パーツが豊富

気になった点
・交換用頭部が目線変更だけの手抜き(出来は凄く良いので気になったと言うよりは他の表情も見て見たかったです。)
・手首パーツの角度が浅くエフェクトを真っ直ぐ向ける事が出来ない。
・髪の毛の分割線が目立つ

手を加えたい点
・大きめのエフェクトを作りたい。

最高でした!!とにかく顔の出来が物凄く良いです。これに尽きるのですが、付属品も豊富で単体でのプレイバリューも高いと感じました。またハンドパーツの表情(造形)が劇中に忠実で再現度が高いのも良かったです。
また上半身はコートが干渉してあまり動きませんが下半身の可動が優秀なのでそこまで気になりません。

気になった点としては手首パーツの可動域の問題でエフェクトを真っ直ぐ向ける事が出来ないので工夫が必要です。また髪の毛分割線は好みが分かれる所だと思いました。

タイトルとURLをコピーしました