[figma]「爆豪勝己」【レビュー】

figma[レビュー]

今回はfigmaから『僕のヒーローアカデミア』より「爆豪勝己」をレビューして行きます。

 

発売日 2020年1月
レビュー日 2020年9月10日
定価 6800円+税
メーカー グットスマイルカンパニー
販売方法 一般販売・特典なし
作品名 僕のヒーローアカデミア
スポンサーリンク

パッケージ

 

正面。いつも通りのウィンドウパッケージです。

裏面や、左右上下には商品写真が載っています。

ブリスター。国内製品らしく、透明なシートで保護されています。有り難い。

台座類、収納袋、交換用手首パーツはブリスター裏の下にセロハンテープで固定されています。

全身

緑屋出久に引き続き、『僕のヒーローアカデミア』からライバルの「爆豪勝己」がfigmaで登場!

緑屋出久と同じく、ヒーロースーツでの立体化です。

特徴的な籠手やトサカなど、劇中のイメージ通り、造形されています。

塗装も全体的に良好で、細かい所まで塗り分けられています。ただ籠手の塗装が少しのっぺりしてるかなと感じました。

クリックすると拡大してご覧頂けます。

通常顔。特徴は捉えつつ、figmaらしい絶妙なデェフォルメがかかっていて、良い感じです。

 

ただ全体的にシャープさが足りない為か、少し幼く見えます。

口元は少し微笑んでいます。

クリックすると拡大してご覧頂けます。

叫び顔。口内も立体的に造形されています。目が血走っている感じも見事に再現されています。

頭の後ろから生えてるギザギザはプラ製で薄さを保ちつつ、シャープな造形になっています。

ただ、頭に付いているのも相まって、倒したりするとすぐ破損しちゃいそうなので、普通のfigmaより注意が必要です。

上半身。腰の手榴弾なんかもきちんと再現されています。

籠手。立体的に造形されています。

ギミックなどは無く、二重の安全ピンを外す一連の動作などは再現出来ません。

籠手は腕に被さっている訳ではありません。また籠手無しの腕パーツが付いている訳では無いので、籠手を装備していない状態は再現出来ません。

ただ、径が同じ軸のfigmaには比較的簡単に付けることが出来そうです。

後ろ。

腰。服のシワなんかもリアルに入っています。また足の付け根には切れ込みが入っています。

足元。膝当ても立体的に造形されています。塗り分けも丁寧ですね。

付属品

交換用手首パーツ。左から持ち手、普通の開き手、エフェクト用のダボがついた開き手です。

普通の開き手とダボ付きの開き手は指の形状が若干違います。

交換用手首パーツには全て、穴の縮小を防止する為のピンが刺さっています。

手首と同じ様に手首の関節パーツも通常のfigmaより、大きくなっており、強度が増しています。

手首パーツを比較。左からfigma史上一番大きいと思われる「figma テラフォーマー」、真ん中が本商品、一番右が一般的なfigmaサイズの「figma 日向翔陽」です。

爆発エフェクト。クリアパーツに陰影塗装が施されています。左右で造形が違います。

見づらいですが、エフェクトには穴が空いているので、ダボの付いているハンドパーツに固定する事が出来ます。

装着するとこんな感じ。

ポージング

感想

良かった点

・頭身(スタイル)の再現度が高い。

・下半身の可動が特に優秀。(ロール多め)

気になった点

・籠手の塗装が短調。

手を加えたい点

・籠手にスミ入れをしたい

figma[レビュー] レビュー 僕のヒーローアカデミア
カテゴリー
スポンサーリンク

ヒロアカ関連商品

最新32巻絶賛発売中

気軽にシェアして頂けたら幸いです!
ホビーターミナルをフォローする
ホビーターミナル

コメント

タイトルとURLをコピーしました